骨盤の形状で男女がわかる?

骨盤は、男性と女性では形態がことなります。

 

下の図で観ると

左側が女性の骨盤で、右側が男性の骨盤です。

男女の骨盤形状の違いと特徴を簡単に図に線を示して紹介します。 

 

骨盤の広さの違いについて(赤い線で示しました)

 ・女性の場合、左右の寛骨の間が男性に比べて幅が広めです。

 ・坐骨の間についても、寛骨の間と同様に、女性の方が男性に比べて幅が広めです。

 

骨盤の高さの違いについて(緑の線で示しました)

  ・骨盤の高さは、女性が男性よりも低いのが図を観るとわかります。

  ・骨盤を台形に例えると、

   女性の骨盤は、高さが低い安定感がある台形で

   男性の骨盤は、高さが高い台形状であるのがわかります。

 

骨盤上口について(青い線で示しました)

  ・骨盤の上口は、男性よりも女性は幅広く開口しています。

   この形態の違いは、妊娠、とりわけ出産の機能に大きく関連していると思われます。

  ・分娩時には、

   胎児の最も大きな部分である頭部が、まず骨盤上口に入り、

   次いで、骨盤下口を通過しなければならないからである。

 

骨盤を観て、男女の違いを見極めるコツは、

骨盤の広さ・高さ・骨盤上口の大きさ(広さ)がポイントです!

 

形態的には、

女性の骨盤は、ハート型の形状をしており、

男性の骨盤は、高い台形状をしています。

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日