首の痛み:寝違い(寝違え)!

相談内容


 70代女性からの相談です。

 朝起きたら、首の右側の付け根が痛くて、首を動かすと痛みがでるとのこと。

 加えて、起きる時や寝る時にも痛みが強くでるとのこと。

 痛みだけで、しびれなどはないとのこと。

確認事項


 相談内容に沿って、

 いつものように、ゲストさんに痛みがでる動きをしてもらうことから始めます。

 

 ベットに深く腰かけてもらいます。

 

 次に、座った状態で次の動きをしてもらいます!

 ①首を前方に倒してもらいます

 ②首を後方に倒してもらいます

 ③首を左右に向いてもらいます

 ④首を左右に傾けてもらいます

 

 今回は4つの動きをしてもらい、痛みの有無を確認しました。

 痺れがあると、あと2つの動きをしてもらいますが、今回は省略しました。

 

 痛みの有無を確認すると、全ての動きに痛みがでるけれども、

 特に痛みが強いのが、

 首を後方に倒すと、首の右側の付け根にかけての痛みが強いとの返答。

 

 肩と首との関連を調べるために、両腕も上げ下げしてもらい、

 その時に首に痛みが出るかの確認もしましたが、
 腕の上げ下げでは痛みは、出ないとの返答

   施術内容

 

   寝起きも辛いとのことでしたので、ベットに座った状態で施術しました。

 

 相談事を聞いている時に、普段の身体の状態も聞き取りしました。

 普段から首コリと肩コリがあり、腰痛と右膝の痛みもあるとの返答でした!

 

 まず、閃いたのが棘上筋を調整することでした。

 

 調整後、状態を確認してもらいます。

 ①と③の動作の痛みは、7割減少

 ②の動作の痛みは、5割減少

 ④の動作の痛みは、5割減少との返答

 

 “笑顔を浮かべました”いい感じです!

 

 次に閃いたのが三角筋の調整!

 三角筋を軽く調整して試て、痛みがでる④の動きをしてもらうと

 痛みが減ったとの返答。

 “光が観えてきました!”

 

 続けて、三角筋を本格的に調整しました。 

 調整後、状態を確認してもらいます。

 ①と③の動作の痛みは、さらに楽になった

 ④の動作の痛みも、①と③と同じぐらい楽になったとのこと。

 

 ②の動きは、1割ぐらいしか減っていないとの返答

 加えて、先ほどまで感じなかった右側の腰部に痛みがでるとの返答

 

 腰背部を触診してみると、右側の脊柱起立筋がかなり張っています。

 腰椎と仙骨及び骨盤の動きを確認してみると、

 特に仙骨の動きが悪いのが感じられた。

 

 ならばと、閃いたのが仙骨です。
 仙骨に軽く触れた状態で

 ①から④の動作をしてもらうと、すべての動作で、より痛みが減ったとの返答。

 

 続けて、仙骨に触れた状態で、
 ①から④の動作を順序良く数回やってもらう

 

 調整後、状態を確認しました。

 

 “???”と笑ってもらいました!

 

 寝起きの動作もしてもらいましたが、
 気になる程度の痛みで、腰の張りも感じないとのこと。

 そのまま終了してもよいのですが、
  残った時間内は、”ほぐし”で全身をかるく
調整しました。

 

 今回は、

 ・痛みのみで、痺れが無かったこと

 ・腕の上げ下げでは、首に痛みが出なかったこと

 ・痛み方が複雑になる前だったこと

 ・相談者が素直な性格であったことで、施術を楽に進めることができました。

 やはり、素直な性格の人は得をします!

 

 痛みや、痺れ、腕やその他が絡んだ複雑な痛みであったなら、

 すんなり施術を進めることは出来なかったかもしれません。

 

 全ての術後、状態を確認すると、少し気になる程度であるとの返答でした。

 

 気になる程度の痛みは、首を痛めた際、

 筋肉についた傷が原因で、傷が癒えるまでは暫く時間が必要だと説明しました。

 

 帰宅時には、何度もお礼を言われてしまいました!

 

 ありがたいことです。

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日