パトリックと開閉のお話!

今回の題目は、『パトリックテストと開き』のお話です!

 

最初で断っておきますが、パトリックテストというのは、

皆さんご存知のパトラッシュのお話ではないです!

 

くどいですが、爺にもあった幼少期、

フランダースの犬に登場した、ご主人思いのワンちゃんのお話ではないです。

 

パトリックテストというのは、

骨盤矯正や腰痛、その他の身体の悩みで来院されるゲストさんに、

体の状態を知ってもらうために、使ったりするテスト方法の事です。

 

 

早速、やり方をご紹介します。

①ゲストさんは、仰臥位(上を向いてねてもらいます)

 

②術者は、ゲストさんの足首を把持し、もう片方の手で膝にコンタクトします

 

③股関節と膝を屈曲させていき、足首を反対側の膝の上に乗せ交差させます。

 

ここまではイメージ出来たでしょうか?

パトリックテストは、別名、四の字テストといいます。

デストロイヤーが得意技とした、四の字固めと同じフォームを取ります

 

皆さん、『デストロイヤー』をご存知ですか?

確か、白い悪魔と呼ばれていたような記憶がうっすらとあります。

『デストロイヤー』が何者かを知りたい方は、SIRIに訪ねてみて下さい。

 

横道にそれてしまいました・・・

いつも、これで話が長くなってしまい、

ブツブツがボツになってしまう

悪い癖が・・・

 

気力を振り絞り、続けます

 

左右の脚をテストしてみて、

膝頭が③の状態で、どの位下がっている(または降りている)かで、

どこそこの〇〇が開いているかが分かります!

 

さて、〇〇とは何でしょうか?

 

 

別館からの続きは、こちらから!

 

仮に、

③で右膝頭が左膝に比べて下がっていなかったとしたら、

右側の骨盤の方が開いていると想定できます。

 

つまり、仙腸関節が開いている(緩んでいる)状態にある。

仙腸関節を閉めるには、骨盤矯正をする。 

 

骨盤矯正以外の方法では

①の仰臥位の状態で

・足首を操作する

・上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)を調整する

・座骨を調整する

・頭を調整する、などなどを行えば、仙腸関節を閉じることが可能です

 

調整後に、パトリックテストを行えば、

降りていなかった膝が、調整前より降りているのを確認できるはずです!

 

そうそう、自分で出来る方法もあります。

 

爺が操作したほうがよいが、

ワシが話す、用法要領通りにやってもらえたら、

自分でもできますので、気になる方は、来院されて訪ねて下さい( ̄▽ ̄)

 

別館からこられた方は、〇〇の答えを見つけることが出来たでしょうか!

 

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日