胸の痛み:胸肋関節が原因?

はいさい!

沖縄市、手技の『らぽ~るカイロ☆整体院』です。

 

胸の痛み 』について対応方法のご紹介です。

相談者

 ・40代半ばの男性Sさん(来院歴8年のベテランです)

 

 ・Sさんは、身体に痛みある時や忘れた頃にやってきます。

  年に2・3回かな?

 

相談内容

 ・この2,3か月、

  寝起きの動作、腕を広げる動きをすると右鎖骨下付近に痛みが出る

  加えて、首コリ・肩コリ・眼性疲労・肉体疲労を感じる

 

 ・なぜ痛くなったのかは分からないが、

  4か月ほど前に、

  ウォーミングアップをせず、いきなりバタフライを泳いだのが原因?

  その後から痛みがでるようなった

 

 ・最近の健康診断でお医者さんに相談したら、「筋肉を痛めたのでは」と言われた。

  胸部レントゲンの結果はまだとのこと!

 

 ・もしかしたら、悪い病気?それとも筋肉が原因?心配になり来院

状態の確認

 

 Sさんに痛みがでる動作をしてもらい場所を絞ります

 

 痛む箇所をロンちゃんを元に説明します。

 

 ※画像をクリックすると拡大します

  

 赤いシールの部分あたりに

 寝起きや腕を広げると痛みが出現するとのこと

 

ウンチク

 

 この部分は身体の中心にみえる、

 縦に見える胸骨柄(きょうこつへい)と

 肋骨(ろっこつ)の先端部分の肋軟骨(ろくなんこつ)との

 関節部分で胸肋関節(きょうろくかんせつ)といいます。


触診してみる

  

   痛みが出現する場所の関節・筋肉・骨を触診(しょくしん)していくと、

   鎖骨(さこつ)下にある

   第2胸肋関節部分が微かに前方に突出しているのが分かった。

 

   鎖骨というのは、

   胸骨柄に左右からT字のようにくっついている横になった骨です。

 

   突出した箇所に軽く圧をかけてみると、痛みが出現するとのこと

 

   ほかの部位に圧をかけても痛みがでるヵ所はないとのこと

カイロ&整体術での調整

 

 施術は座った状態

 

 左手で、軽く第2肋椎関節にコンタクト

 右手で、Sさんの上半身を固定した状態で、ラインオブドライブに沿って矯正

 

 後は、身体全体を時間内で出来る限り調整しました。

 

 腹臥位(ふくがい:下を向いて寝てもらい)と

 仰臥位(ぎょうがい:上を向いて寝てもらい)とで観察した結果をもとに

 首・肩などのコリや歪み、眼性疲労の原因などをリリースしていく。

 

 仰臥位で観察すると

 〇〇が浮いていたので、かなり眼が疲れているのが判りました。

 

 ・後頭部から首すじの筋群

 ・首の根元から肩から腰の筋群

 ・大腿部(だいたいぶ)の筋群

 ・下腿後面(かたいこうめん)の筋群を調整

〇最後に、

 腕を使って第2肋椎関節付近の筋肉の調整を加えておきます。

 

 ・大胸筋(だいきょうきん)

 ・鎖骨下筋(さこつかきん)

 ・三角筋(さんかくきん)などを調整

 

 施術後、わずかに痛みがでるとのことですが、

 関節の歪んだ場所の筋肉などが傷ついているからだと思います。

 あとは、本人の自然治癒力に任せます。

 

 何かあれば、連絡してくることでしょう。

 以上で調整終了

 

 余談ですが、レントゲンで何もなければよいのですがと話しました。

さて、なぞなぞです!

 

 文中に出てきた○○とは何のことでしょう!

 気になる方は、お問い合わせで解答のメールをして下さい!

 

 正解者は、施術代から500円の割り引きを致します(2018年末まで有効)

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日