筋肉:棘上筋と頭の疲労!

 頭が疲労している、

 頭の回転が悪いようなときは、『 棘上筋 』が弱くなっているかもしれません。

  

 棘上筋は、「きょくじょうきん」と読みます。

 

 回旋腱板筋(かいせんきんばんきん)

 別名、ローテーターカフのひとつで

 三角筋中部と協力して腕の外転運動を開始させる筋です。

 ◇ウンチク

  腕の外転運動とは、自然体の状態から腕を横から頭上へ挙げる動きで、

  腕の内転運動とは、腕を挙上した状態から身体の方向に下ろすことです。

見づらいとは思いますが画像①から③で位置を紹介します

画像①

棘上筋の位置は哀愁漂うロンちゃんの肩甲骨で紹介します。

中央に見えるショベルの先のような形状をしたのが肩甲骨です

画像②

この筋肉は肩甲骨の棘状窩という肩甲骨上部の内側(青いシールがある位置)の端を始まりとします。

画像③

肩甲骨の棘状窩から肩峰の下をとおり上腕骨の大結節(青いシール)の付近に付着しています。


 

 ※棘状窩:きょくじょうか

  肩 峰:けんぽう

  大結節:だいけっせつ と読みます

 ◇影響をうけるとき…

 

  腕を挙げた状態で作業する

  デスクワーク中心で頭ばかり使う人、

  長時間の車の運転などの仕事をしている方なども頭が疲れやすく、

  棘上筋が影響を受けている場合が多いです。

 

  学習遅滞児は棘上筋が弱っていることが多いともいわれています。

 

  加えて、

  頭の使い過ぎから、不安感や感情のストレスもおきたりします

  そういう時は、脳疲労から棘上筋も疲労している場合があります。

  実際に、

  眠れない、頭痛、めまい、頭がボーっとする、肩こり、寝違え、四十肩・五十肩などの

  愁訴を相談されるゲストさんの棘上筋を確認すると

 

  ・硬くなっている

  ・膨らんでいるような

  ・プヨプヨしたような変な感触に遭遇したりします。

 

  頭の疲労・回転が鈍い・ストレスを抱えていると感じるときは、

  棘上筋をリリースしてもらうといいですね。

 

  ワシがこの筋肉をリリースするときは、

  棘状筋点を起点にして、状態に合った操作をしています。

  状態によりますが、5~7割はすぐに変化がでます。

 ◇関連する筋肉

  三角筋中部(さんかくきんちゅうぶ)

  僧帽筋上部(そうぼうきんじょうぶ)

  膝窩筋(しっかきん)

  大胸筋鎖骨部(だいきょうきんさこつぶ)

  大胸筋胸肋部(だいきょうきんきょうろくぶ)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  • 連絡先:090-7587-7100 営業時間:10時~20時
  • 営業日:月曜日~土曜日(休日:日曜・水曜・祝日
  • 住 所:沖縄県 沖縄市美原1-15-16 コーポタイラ1F

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日