『めまい』のお話

今回は、60代女性から『めまい』のご相談です!

 

・家でやるべきことを頑張ってしまった翌日から、めまいに襲われた

 

・右を向くとなんともないが、左側をむくとめまいが酷くなる

 

・うつむくのはなんともないが、

 上を向くと天井がグルグルと船酔いのようになる

 

・病院でメニュエルと云われたこともある

 

                 ・めまい以外に腰痛・肩こり・首コリも施術してほしいとの要望

                                                  などなどの相談を受ける

 

初観

 

・この女性は、久しぶりの来院

 

・当院までは、息子さんに連れてきてもらったとのこと

 

・相談時、非常に顔色がわるく、くたびれたように見える

 

・施術を始める前に、めまいが出やすい動きをしてもらおうかと思いましたが、

 とても辛いようなのでやめることにした。

 

・施術時間は、60分で対応

 

施術について

 

身体の状態の確認

 

  ・うつぶせになってもらい、背骨の状態、筋肉の状態、骨盤や仙骨、下肢の状態を確認する

  

②施術は、ほぐしから始める

 

 ・肩から足裏まで、軽く圧をかけ、心の準備と体の準備をしていただく

 

 ・頸から足裏にかけてほぐしながら、身体の状態を細かく確認していく

 

 ・軽い筋肉の拘縮や背骨などの歪みは、ほぐしで整えていく

 

 ・ 通常なら、

   ほぐしを終えたら状態のビフォーアフターの確認をするのですが、今回は省略する

 

③整体を行う

 

 ・『めまい』用の整体を行う

 

 ・菱形筋(りょうけいきん)や棘上筋(きょくじょうきん)のリリース

 

 ・『めまい』の方は、胸椎4番に歪みがあるのが多く、この女性もあったので整える

 

 ・脊柱起立筋を見ていくと、必ず、米粒から小豆大ぐらいのコリコリしたもの、

  カマボコが存在するので、それらを解放していく

 

 ・腰椎を調べると、左腰椎3番目が後方回転及び左側方移動、

  右腰椎1番目が後方回転及び右側方移動しているので、腰椎の歪みを整える

 

 ・腰椎を整えると、ほぐし時にあった肩のゴムの固まりで4・5㎝もあった固まりが

  7割近く、溶けている

 

 ・肩こりは、腰椎の歪みを上手く調整すると筋の拘縮がだいぶ緩みます

 

 ・骨盤と仙骨S4に歪みがあったので、脚とハンドパワーで歪みを整えます

 

 ・今回は、非常につらそうなので、頭蓋を調整します 

④カイロでの調整

 

 ・上を向いて寝てもらう

 

 ・血色が悪かったので、下肢を調整する

 

 ・今回は、内蔵の調整を省略し頸椎(首)の調整を行う

 

 ・特に、頸椎1番と4番の歪みが酷かったので、

  頸椎の筋の拘縮をリリースしたのちに歪みを整える

 

 ・頸椎1番と後頭骨との境目に遊びがなかったので、そこを調整する

 

 以上の施術後、

 座ってもらい状態を確認してもらうと10➡3へと状態が返答

 

  顔を見ても、血色がよくなり、覇気が増したので、まずまずの施術です!

 

 一連の施術を行えば、7割程度の方は楽になります。

 

 いつも話していますが、

 1回の施術で楽になる方もいますが、複数回をようする方もいます。

 ケースバイケースです!

 

 今回は『めまい』で来院されたゲストさんへの施術の対応を紹介しました。

 

 参考にしてください!

 

 To be cont……

 

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
休業日